愛知県瀬戸市の歯医者、あいデンタルクリニック

あいデンタルクリニックは二人の歯科医師による専門性の高い歯科診療を提供します。

HOME ≫ 一般歯科 ≫

一般歯科

歯周病など歯の病気全般の治療や虫歯予防の為のホームケア・虫歯治療を全般的に行います

歯周病について

現在、歯を失う最大原因は歯周病と言われています。
痛みなどの自覚症状が出にくく、それが災いして予防を怠りがちになったり、進行が進んでしまうことがあります。
歯磨きをしっかりしていないと、歯周病になり、大事な永久歯が失われてしまうことになりかねません。
しかし、現在では正しい歯磨きの仕方や、PMTCを受けることによって、歯周病は予防できる病気になっています。

成人の8割が歯周病です。

歯周病は、読んで字のごとく「歯の周りの病気」で、 歯周病は、歯肉や歯槽骨などの歯を支える組織に起きる進行性の病気です。
歯肉が腫れる歯肉炎に始まり、炎症が進むと、歯と歯肉の間に溝が次第に深くなり(歯周ポケット)、やがて歯を抜かなければならない段階まで進行します。
初期の歯肉炎を含めると、30歳前後で国民の79%、40歳前後で84%、50歳前後では実に88%が歯周病にかかっています(平成11年歯科疾患実態調査)。

歯周病には、下記のような症状がみられます。

歯周病の進行
  1. 歯がムズがゆい感じがする。
  2. 歯と歯肉の接しているところが赤く腫れる。
  3. 歯を磨いた時に出血がみられる。
  4. 歯肉から膿が出る。
  5. 口臭が気になる。
  6. 唾液がネバネバする。
  7. 朝起きた時に口の中が気持ち悪い。
  8. 食べ物がかみづらくなる。
また、歯周病になる原因は、口の中に細菌が一杯いるため、歯磨きが正しく行なわれず、食べかすが残っていると細菌はこれをエサに増殖しプラークと呼ばれる菌塊を作ります。このプラークが歯肉や歯を支える歯槽骨、セメント質、歯根膜などに炎症を起します。
この細菌因子に喫煙などの環境因子、病気(糖尿病など)、噛み合わせなどがからみあって悪化します。

歯周病の特徴として、「知らないうちに歯周病が進んでいる」という点があげられます。 初期の段階であれば、歯磨きでプラークを取り除き、歯科医師や歯科衛生士に歯石を除去してもらうことで治っていきます。しかし放置するとポケットはますます深くなり、歯を支える歯槽骨が溶け始め歯周病となります。炎症が歯槽骨に達した段階でも痛みを感じないのがほとんどで、気がつくと歯槽骨の破壊が進んで歯がグラグラということもあります。

歯周病の治療は、早期発見・早期治療が決め手です!

まずは、緻密な診察を行なって病気の実態を調べ、原因を明確にした後、治療に移ります。
治療の内容は症状や進行の程度により決められますが、通常次のような治療が行なわれます。
  1. プラークコントロール
  2. 局所へ薬物療法 (歯周病治療軟膏の塗布およびポケット内注入)
  3. スケーリング、スケーリング・ルートプーレニング (歯石の除去および病的歯根面の清掃)
  4. 歯周ポケット掻爬
  5. 歯周外科手術(重度の場合)
  6. 保存不可能な歯は抜歯し、義歯などを入れる。

歯周病は放置すると大変なことになります。

最近になってプラークの病原性細菌は口の中で悪さを働くばかりでなく、増えてくると唾液や血液の中に入り込んで体のあちこちに飛び火し、全身に深刻な影響を及ぼしかねないことがわかってきました。高齢者に多い嚥下性肺炎、敗血症、心内膜炎、早産、低体重児出産などとの関連性が指摘されています。

だからこそ、しっかりとした治療を受けられることをお勧め致します。また、歯周病は「知らないうちに進行している」可能性がありますので、少しでも歯周病の可能性がある方は、お気軽に愛知県瀬戸市 あいデンタルクリニックにご来院ください。

また、歯周病の治療完了後も再発の防止や進行の予防には生活習慣の改善が必要です。特にブラッシングは、重要で効果的に行なっていくと、かなり重症の歯周病でも溶けていた歯槽骨や歯根膜が次第に治ってきて、グラグラだった歯の揺れが少なくなり噛み合わせも整ってきます。

歯周病について、お悩み・お困りの方は、あいデンタルクリニックにご来院下さい。
無料カウンセリングも受け付けておりますので、お気軽にご利用下さい。


無料カウンセリングはこちらから
歯周病など診療のご予約はこちらから

所在地
〒489-0044
愛知県瀬戸市栄町28

電話番号
0561-21-8264

診療時間
月・火・金
9:00~12:00/13:30~18:00
水・土
9:00~12:00/13:30~17:30

休診日
木曜、日曜、祝日

アクセス